Piano・春日井康平 KASUGAI, Kohei
Kohei Kasugai 1983年横浜出身。4歳よりピアノを始める。
 ドイツ・ミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院にて演奏家ディプロマを得て卒業。その後同音楽院大学院及びアウクスブルク大学にて研鑽を積む。
 日本とドイツの両国にてソロと室内楽奏者として活動し、レパートリーはルネッサンスから現代までと幅広い。
 チェンバロ奏者としては通奏低音及びバッハの協奏曲のソリストなどをつとめ好評を博す。
 2010年から拠点を日本に移しソロリサイタルを定期的に開催。

 これまでにピアノを今井玲子、遠藤寧子、黒山映、別府里加、トーマス・ベッケラー、クリスティーネ・オルブリヒ各氏に、チェンバロ及びファルテピアノを上尾直毅、ミヒャエル・エーベルト両氏に、オルガンをアンドレアス・マイシュ氏に師事。

≪ガイレメナー・メモ≫
 メンバー最年少ながら、その豊富な音楽知識はガイレメナー・サウンドの核となっている。
 またバロック・古典音楽の造詣が深く、バッハやコレッリは彼の選曲による。
 さらにアーベルのピアノ協奏曲の総譜は入手が非常に困難で、欧州の図書館を探し、取り寄せ、自ら譜面に起こすという並々ならぬ努力があった。